1. ホーム
  2. 観光情報
  3. 観る・遊ぶ・学ぶ
  4. 文化財ハイキング
  5. 用田・宮原旧街道コース

用田・宮原旧街道コース


より大きな地図で 用田・宮原旧街道コース を表示

コース案内(所要時間:約3時間)

1.長後駅西口バス20分2.バス停 宮原中央6分3.宮原寒川社2分4.観蔵寺7分5.鬼子母神堂6分6.立小路地蔵様15分7.西用田地蔵10分8.寿昌寺5分9.中将姫祠5分10.伊東家墓地7分11.用田寒川社6分12.大山道標 13.バス停用田辻バス20分長後駅

コース見どころ

南北に走る中原街道は、北は綾瀬・大和、南は茅ヶ崎・平塚へ、一方東西に通ずる大山道は「柏尾通り大山道」といい、横浜市戸塚区柏尾町から境川を渡って長後、用田、相模川の戸田の渡し(海老名~厚木市)を過ぎて、伊勢原市から大山へ入る約8里(32km)の道のりでした。
このコースは、宮原を起点に、古くからの寺社をめぐり、中原街道と大山道が交差する、かつての交通の要所「用田の辻」を目指します。市内西北部に位置するこの地の歴史を訪ね、田園風景の中を進みましょう。

 

中将姫祠

奈良時代、藤原豊成の娘である中将姫は母に先立たれ、継母に虐待されました。成長した姫は大和・当麻寺で出家して尼となり蓮糸で大曼荼羅を織り29歳でこの世を去ったと伝えられています。能や浄瑠璃にもなっている姫がこの地にいたことがあるといわれ、いつの頃からか中条地区の人が集まってお祭りをしています。
このページの先頭へ