1. ホーム
  2. 観光情報
  3. 観る・遊ぶ・学ぶ
  4. 文化財ハイキング
  5. 湘南台・六会コース

湘南台・六会コース


より大きな地図で 湘南台・六会コース を表示

コース案内(所要時間:約3時間)

1.湘南台駅東口15分2.鯖神社15分3.雲昌寺10分4.法泉寺8分5.亀井神社 5分6.円行大橋石造物5分7.八幡宮12分8.子育地蔵15分 9.諏訪神社5分10.バス停和泉橋バス10分湘南台駅

コース見どころ

昭和41年(1966)、小田急線六会~長後間に「相模野台地の南端に位置する新しい住宅地のイメージ」をもって「湘南台」と名付けられた駅が開設されました。湘南台は、高倉・下土棚・円行・今田・亀井野の各一部を併せて生まれた新しい町で、湘南台文化センター、総合市民図書館など、北部地域における文化の拠点が次々に生まれました。一方、鯖神社は今田地区の、八幡宮は円行地区の鎮守ですから、それぞれ古くからの土地だったことがわかります。
このコースでは、現在の町中に佇む石造物、寺院、神社を訪ねます。

雲昌寺

雲昌寺

鎌倉幕府2代目執権・北条義時が入道して瑞龍寺が建立されましたが、慶長元年(1596)水害にあい現地に移され、雲昌寺と改名されました。慶安元年(1648)徳川幕府より寺領9石余を賜りました。
このページの先頭へ